10秒でわかる!青汁診断

飲む保湿美容液♥ヒアルロン酸入り青汁で手軽に乾燥肌対策!

エステよりもコスパ良し◎ヒアルロン酸入り青汁の美容効果
ヒアルロン酸入り青汁の美容効果

化粧品・美容関連商品をはじめ、健康食品・栄養機能食品に至るまで、
“ヒアルロン酸入り”の文字を頻繁に見かけるようになったと思いませんか?(´・ω・)

ヒアルロン酸はエステの美容注射やお肌に塗るものだと認識していたけど、
食事やサプリメントから摂取することでカラダの内側に働きかけ、
美容だけでなく健康にも嬉しい効果をもたらせてくれるそうです♡

実は、最近の青汁業界でも“ヒアルロン酸入り商品”の人気が高まっているんですよ♪
従来の青汁は野菜不足解消を目的に活用する印象が強かったのですが、
栄養豊富な緑黄色野菜を原料にしていることから、美容には欠かせない野菜成分(ビタミン・ミネラル・食物繊維)を手軽に補給できるとして美容効果を目的に活用する女性が急増中⤴⤴
さらに、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を配合している青汁商品が続々登場していることで、
美容には目がない20~30代の女性を中心に注目を集めています。

▼ヒアルロン酸入り青汁はこんな人におすすめ
カサカサ乾燥肌を改善したい!
お肌にシワを作りたくない!
ハリのある肌を維持&取り戻したい!!

ヒアルロン酸は『保水力の高さ』『コラーゲンをつなぎとめる作用』の2つ特徴があるため、
アンチエイジング世代にはとっても心強~い成分なのですよ♪

保水力抜群!ヒアルロン酸の効果とは?

ヒアルロン酸は皮膚や軟骨、目の硝子体を中心に体内細胞のいたるところに存在し、
主に細胞の保水力維持や関節部分でクッションとしての役割などを果たしています。

ヒアルロン酸は1gあたりおよそ6リットルもの水分を保水できるという、
高い保水力は美容面でも注目されていますが、残念ながら体内に存在するヒアルロン酸は年齢と共に減少してしまうので、何も対策を取らないと60歳になる頃にはヒアルロン酸の生成量が20歳の約半分になると言われています…。

加齢と共に顔だけでなく体全体に乾燥感が出てくるのは、
ヒアルロン酸不足が大きな要因と考えても良いでしょう(-ω-;)

また、ヒアルロン酸は美容効果だけでなく、関節の滑らかな働きを高めることや、
目の乾燥を防ぐドライアイ予防といった健康効果にも大きく影響してきます。

美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸の違いは?

何かと、セットで見かけることが多い美容成分の『コラーゲン』と『ヒアルロン酸』。
どちらも皮膚の内側にある真皮に存在する成分なのですが、
「コラーゲンは肌の弾力維持」「ヒアルロン酸は肌の保水力の維持」と役割が分かれています。
ただし役割は分かれているとはいえ、コラーゲンとヒアルロン酸は密接な関係があります♡
皮膚
私たちの皮膚の内側にある真皮の約7割はコラーゲン繊維が網目状に構成されていて、
ヒアルロン酸はその内側の網目に肌の水分を囲ってくれる役目をしています。
コラーゲン不足になれば網目もできないし、
ヒアルロン酸不足になればハリのない乾燥肌になってしまうのです(>_<)

ハリのある弾力肌をキープするためには両方をバランスよく保持することをお忘れなく!

ヒアルロン酸の摂取方法

年齢と共に減少するヒアルロン酸は様々な方法で補給する必要があります。
ヒアルロン酸の1日の摂取目安量は120mg~240mgです。
一般的には保湿系の美容液やクリームなどのスキンケア化粧品を使いますが、
表皮の奥にある真皮まで届かせるのは難しいので、外側からの水分保持ケアをすると同時に、
ヒアルロン酸を含む食品を摂取することで内側からのケアも行うことをオススメします。

食品でヒアルロン酸を補う場合「鶏肉の皮」,「魚の皮」,「フカヒレ」,「豚足」,「すっぽん」といった
コラーゲン含有で知られている食品に多く含まれていますが、
人によってはプルプル食感が苦手な人や食品アレルギーがある人もいるかもしれません。

フカヒレ

しかも、日常的な食卓メニューにもなりにくい食材なので、皮膚のシワ予防や関節痛予防と、
明確な目的があるのであれば、これらの食事を意識的に取りいれつつ、
ヒアルロン酸入りの健康食品を併用すると効率よく補給できますよ♪

ただし、ヒアルロン酸はタンパク質です。
体内に摂取したところでアミノ酸に分解されてしまうことがあります。

ヒアルロン酸は過剰摂取をしない程度に、1日の摂取目安量を少し上回る気持ちで摂取すると丁度いいかも☆

また、ビタミンCやビタミンB群などと一緒に摂取するとヒアルロン酸の保水力がアップしますし、
ヒアルロン酸が体内で合成される際にはマグネシウムと亜鉛が必要となりますので、
栄養バランスの整った食事を意識して摂取してください(*^^*)
ちなみに…合成ビタミンCであるアスコルビン酸を過剰摂取すると、
ヒアルロン酸の吸収が悪くなってしまうので要注意です×。


ヒアルロン酸入り青汁で健康美肌を手に入れよう!

ヒアルロン酸入りの化粧品やサプリメントなどもありますが、
確実に美肌を手に入れるためには“ヒアルロン酸だけ”を摂取していても意味がありません!
ヒアルロン酸入りの食材は苦手だし、ビタミンやミネラルも必要なんて・・・なんだかめんどうくさい。
そんな厳しい現実を解決するのにぴったりなのが、ヒアルロン酸入りの青汁♪
青汁はヒアルロン酸の効果を高めてくれる栄養成分が、
ぜーんぶ含まれているから、とっても効率よく簡単に美容ケアができちゃいます。


数あるヒアルロン酸入り青汁の中でも【黒糖抹茶青汁 寒天ジュレ】は、
ヒアルロン酸を高純度95%も配合しているの(;’’∀’’)☆!

黒糖抹茶青汁

青汁と言っても寒天ジュレタイプなので、デザート感覚で食べられるのも魅力的です◎
主原料のクマイザサは漢方薬の原料にもなる万能植物で、食物繊維がた~ぷり!
さらに、約40種の植物発酵エキスが配合されていることで、
ヒアルロン酸と相性の良い多種のビタミン・ミネラルなどを一気に補給できます♪
ヒアルロン酸の効果も発揮されたおかげか、
2カ月ほど食べ続けたら化粧ノリにも差が出てきましたよ♥


黒糖抹茶青汁寒天ジュレの詳細はこちら

青汁は“食べる”よりも“飲む”タイプ派の人は、
カリスマエステティシャン「高橋ミカさん」プロデュースの【美力ビューティー】がオススメかな☆
美力ビューティーはヒアルロン酸以外にもコラーゲン・ローヤルゼリー・セラミドなどの、
美容成分が充実しているので、トータル美容ケアに最適です!

美力beauty

今や青汁は健康のためではなく、「美容」のために飲む時代(・´з`・)
自分のお肌と相談して、目的に合った青汁と長く付き合ってみてください。
美容エステに通うよりも健康的になれるし、安上がりかも!?♪

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいる

▲ トップに戻る

当サイトの11月のオススメ☆ふるさと青汁

ふるさと青汁

管理人

#

青汁姫
(35才・主婦)

夫婦で青汁LIFEの提案者。育児に追われて自分に手間をかける余裕なし。十分なお肌の手入れもままならず、産後太りを解消できない1児の母。青汁効果で「子供がいると思えない」といつも言われるぐらいキラキラしたい願望のある「目指せ30代チヤホヤ姫」。

青汁男爵
(37才・雑誌編集者)

香りの強い野菜が大の苦手。野菜で食べられるのはレタスともやしとぐらい。生活は超不規則で、ケーコが妊娠してからここ2年はコンビニ弁当、インスタント、レトルト飯が定番。偏食がたたり最近は体調不良を痛感中。青汁姫を愛してやまない愛妻家の反面、頭の上がらない恐妻家。

メールフォーム

青汁に関する質問を
受付中!
質問はこちらを
クリック→

青汁診断
カテゴリー一覧

青汁の簡単健康レシピ

青汁口コミ情報☆

おすすめ青汁をズバリ!

青汁ランキング決定版☆

売れてる青汁を徹底比較!

青汁の基礎知識を知ろう♪

青汁の効果と効能

青汁ダイエットのヒミツ♡

サイトMENU

当サイト上に掲載されている全ての文章、画像などの無断転載・複製する事を堅く禁じます。
Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.